2008年01月31日

Hello jQuery


posted by kozi at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ

買った本を書いているのなら、読んだ本の書評を書いたらどうか。
posted by kozi at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買った本

先週土曜に買った本をまだ一冊も読み終わっていないのに、また本を買ってしまった。

どちらも著者は同じで勝間和代氏。キャッチーなタイトルにちょっと引くが、中身の評判が良いのでつい買ってしまった。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法


無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
posted by kozi at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人月単価

ソフトウェア開発で、最もよく使われている生産能力の計算単位。
1人月は、1人が1ヶ月間働くことで得られる生産能力を表す。

通常は、これに金額か作りたい要件を当てはめて使用する。

たとえば、
・弊社のプログラマの1人月単価は80万円です
・このシステムを作成するには10人月かかります
といった使い方をする。

この計算方法は至る所に欠陥があるが、なぜか顧客受けがいい。わかりやすいからと、代わりとなるものがないからだろうか。もしかしたら、日本の伝統的な商習慣と融合してしまっているからかもしれない。

この人月換算をやめられれば、この業界もかなり健全になるのだが。

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))
人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))
posted by kozi at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

アイロン掛け

普段、どう考えても自分より3倍ズボラに見える社長が、自分でスーツのアイロン掛けをしていることを知りびっくりした。

こちとら、これからは普段着でもシャツ類を着た方がいいと思って買ったはいいものの、アイロン掛けが面倒だからという理由で1回しか着ていないものが何枚もあるというのに。

アイロンとアイロン台は持っているのだが、どうしても面倒に思ってしまう。
スーツ・ワイシャツは、必ずクリーニングに出している。

これは何とかしなければならない。
posted by kozi at 02:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九絵

前の会社の人達と誕生日会という名目の飲み会に行った。
昨日は今の会社の新人歓迎会で飲み会があったので2日連続。

そこで、幻の魚と言われるらしい九絵という魚を使った鍋を食べた。
わりとさっぱりした味で、少し鶏の味に近い。
肉と言えば鶏というくらい鶏好きなので、この味はかなり好み。
皮の付近もコラーゲンたっぷりで美味しかった。
値段は高かったが。

4年前ぐらいに同じ人に鮟鱇の旨い店に連れて行ってもらった時も、値段は高かった。だが、鮮やかなオレンジ色の鮟鱇がかなり旨かったのを、今でも覚えている。

普段の食事では、吉野家・松屋・ココイチ・モス・マックぐらいしか食の候補が無いし、それでも満足しているのだが、こういった旨い食べ物をたまに食べるのもいい体験だと思っている。

一度食べたものの味を何年も覚えていられるのであれば、1回あたりの食費が普段の10倍ぐらいかかっても十分元が取れる。

逆に、味も値段もそこそこのものはすぐ忘れてしまう。そういった食べ物でも普段の食事より3倍から5倍ぐらいかかるので、こちらの方がもったいない。
posted by kozi at 01:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

ドアラ人気

絶望した!荒ぶる有袋類の人気に絶望した!

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ

ドアラの本がAmazonで1位になっていた。
表紙からしてシュール。しかもまだ発売前。



思わずこの動画をもう一度観た。

posted by kozi at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaa障害

昨日、記事が反映されないという記事を書いたが、どうやら障害だったようだ。

障害報告(2008.1.28)
現在、Seesaaブログのブログサイト(ドメイン名:seesaa.net)におきましてお客様が投稿された記事、コメント等が正常にブログに反映されない状態となっております。

ただいま、対応を行っておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

正確に記録はしていなかったが、遅くとも1/27 23:30ぐらいには問題が起こっていた。報告記事は1/28 13:03の投稿。一次報告としてはかなり遅い。

休日の夜間に出社して対応してくれとは言わないが、平日の対応はもう少し早くして欲しいところ。コアタイム無しのフレックスな会社なのだろうか。

そして、まだ復旧完了ではないらしい。
posted by kozi at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

記事が反映されない

1つ前に投稿した記事がトップに表示されない。
一度個別記事を表示して、そこから辿ると表示できるようだ。

さらにカテゴリが日記しか無いのに、カテゴリ内記事数と全記事数が一致していない。

どういう計算をしているのだろうか。
posted by kozi at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気圧計を使いビルの高さを測る10種類の方法

昔、気圧計を使ってビルの高さを測る方法を何種類挙げられるかという問題があった。10種類以上浮かぶと優秀なプログラマだとかいう話。

昨日の記事を書いている時に思い出した。

問題を知った当時は、結局7種類しか思いつかなかった。
そのことをけっこう悔しがって、絶対自力で答えを見つけてやると考えていた。

と思って、早7-8年。
今だったら答えられるかと思って、再び挑戦してみた。


1.気圧差から
地上と屋上でそれぞれ気圧を測る。

2.距離から
屋上に気圧計を置き、地上から見た大きさを測る。

3.落下時間から
屋上から気圧計を垂直に落下させ落下時間を測る。

4.落下までの移動距離から
屋上から気圧計を水平に投げ、落下地点までの移動距離を測る。

5.到達時間から
地上から気圧計を屋上に投げ入れ、投げた放物線と屋上到達までの時間を測る。

6.風速と落下までの移動距離から
屋上から気圧計を垂直に落下させ、風に流された距離を測る。

7.影の長さから
気圧計とビルの影の長さを測り、2つの影の比率と太陽の高さから算出する。
(「気圧計を使う」ということなので気圧計をからませているが、使わない方が計算は楽)

8.積み上げた個数から
気圧計を積み上げていき、ビルの高さに達した時の個数を数える。
(現実的にこの方法を用いるやつはいないが)

9.気圧計の温度から
地上と屋上での気圧計の熱を調べ、温度差と気圧計の熱伝導率と気温差から算出する。

10.ひもの長さから
屋上から気圧計を糸でぶら下げて地上まで下ろし、ひもの長さを測る。

11.振り子の往復時間から
屋上から気圧計を糸でぶら下げて地上ギリギリまで下ろし、振り子運動をさせ、往復時間を測る。


最初は小道具を使わずに気圧計だけで10種類を目指したが、9個しか浮かばなかった。ひもを使うようにして11個。使う小道具について考えれば、もう幾つかは増えそう。

10種類以上になったので書籍で正解を確認してみたい。

エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)
posted by kozi at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

買った本

新宿のジュンク堂書店で本探し。

大量の本を直接手に取って、あれこれ考えながら選べることが楽しかった。

以下、買った本。


MORI LOG ACADEMY〈2〉1年のケーキ元旦に飽き (ダ・ヴィンチブックス)

前巻が予想通り面白かったので続きを購入。
寝る前に布団に入って読む本。


犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

横溝正史は一冊も読んだことがなかったので購入。
八つ墓村とどちらにするか少し悩んだ。


青の炎 (角川文庫)
青の炎 (角川文庫)

一緒に行ったK氏おすすめ。
貴志祐介氏の本はクリムゾンの迷宮と黒い家を読んでいる。
どちらも角川ホラー文庫だったので、ホラーじゃない本は初めて。
posted by kozi at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフト社の面接試験

マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?

マイクロソフト社の面接試験を受けた人の話。
ビルゲイツの面接試験に出てくるような試験がまだ行われているようだ。

試験問題についても書かれているが、どれも難しい。
考え方を説明するだけならともかく、その場でプログラミングしなさいというのはかなりきつい。


マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?
linked-listにループが存在するかどうかを確認するコードを書き、それの効率性を答える問題や

・チェックのタイミングはデータ挿入時が効率的。
・チェック方法は同一ポインタが既にリストに無いかどうかを調べる。
・チェック用のテーブルを作っておき、毎回リストを辿らない。
データ取得時にチェックする場合だと、チェック用テーブルを作りながら辿ることになるかな。


マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?
linked-listを効率的に逆向きにする問題等が出ました。

予め双方向リストとして実装しておく一般的だが、それが効率的かと言われると効率的ではない気がする。

単方向のリストで順序を逆にするには、以下の処理でいけそうだ。

1.次の要素へのポインタを保存しておく
2.次の要素へのポインタをnullにする(最後の順番にする)
3.保存していたポインタの要素を参照する
4.次の要素へのポインタを保存しておく
5.次の要素へのポインタを保存していた前の要素のポインタにする
以降、4と5をリストの最後に辿り着くまで繰り返す。


マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?
有名なのも挙げるなら、一日何十ギガバイトの単位でたまるGoogleの検索ログの中から、
一番検索されたものTOP3を見つけ出すアルゴリズムを組み立てろ、とかでしょうか。

まず、正確なTOP3が知りたいのか、誤差が許されるのかが疑問。
誤差があっても良いのなら、全体の中から一部だけを集計対象にする。
さらに、集計対象の中から全件調べる前に、TOPの候補になるものをリストアップする。
集計対象を調べる時は、TOP候補以外はカウントしない。


マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?
なぜJavaでは多重継承が許されず、C++ではどういう仕組みでそれが可能なのか

C++では親クラスの各種情報が子クラスのインスタンスに入ってて、Javaでは入ってなかったような?

これを面接で聞かれたらまず答えられない。


マイクロソフト米国本社の実地面接に行ったけど質問ある?
質問はループを使わずに与えられたunsigned integerが2の乗数であるかを
一番簡単で計算の速い方法で求めよということでした。

自分は、与えられた数字が0であるかを最初にチェックした後、
(x-1)&xの答えが0であるなら2の乗数である、というような回答で正解を頂きました。

これはこの答えしか思いつかない。



スレ主の会話のやりとりを読む限り、非常に優秀な人なのが伝わってくるが、それでも不採用だという。
こういう採用試験を通過できる人はどんな人達なのだろうな。

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
posted by kozi at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

ジョギング一週間

ジョギングを初めて今日で一週間になった。
意外に続いている。

やる気を表明することが継続につながるのかもしれない。
posted by kozi at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

23:59(にーさんごーきゅー)

おそらく社内用語。
23:59 → 日付変更前 → 今日中の意味。

「設計書は23:59(にーさんごーきゅー)までに送付すればよいですか?」
というような使い方をする。

通常、この用語が使用された時点で、約束通りの期日を守るのが困難であることを示している。

似た使い方で08:45(ぜろはちよんごー)というものもある。
こちらは、取引先の営業開始時間前という意味になる。
当然、使用には徹夜することが前提条件となる。
posted by kozi at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Golden Lore

The Golden Loreというオンラインゲームが面白そうだ。
β版のためか現在のところ無料で遊べる。

The Golden Lore
■『The Golden Lore(ゴールデンロア)』とは?
 怪物達が跳梁跋扈するファンタジー世界を舞台に、英雄を目指す冒険者達の波乱に富んだ人生を描く、自動更新型育成シミュレーションゲームです。
 専用ソフトやダウンロードなどは一切不要! ブラウザとメール受信環境があればプレイ可能です。

やることは、最初にキャラクターを作るだけ。

後は、キャラクターが勝手に1日1回冒険に出ていく。
サイト上でその冒険の記録を確認できる、というもの。

冒険の記録はこんな感じのもの。

昔、プレイバイメールという形式のゲームがゲーム雑誌上で遊べたが、
何もしない感がそれに近いように思う。

こういうゲームはけっこう好きだったりする。
posted by kozi at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

書きたいネタ

中の人は大変そうだなぁ
ゲーム産業における開発者人材育成事業報告書

結局、下請け構造の悲しさってやつか
アニメ産業の構造上の問題点

・使っているソフト
ここ最近は使うソフトが固定化されているので、会社の人に聞いてみる。
新しい発見があるかも。
posted by kozi at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトにスタッフロール

全力でプログラマーを「人気の職業」に押し上げたい
ていうか、なんでWebサイトにはスタッフロールがないんだ?

これはいい素朴な疑問だ。

昔はイースターエッグとかどこもやっていたし、
今と比べると中の人が誰かがわかる仕組みになっていたと思う。

なんで無いのだろう。

全力でプログラマーを「人気の職業」に押し上げたい
向上したいポイントは2つ

・金銭面。下っ端にもお金が行き渡る。同世代より明らかに給料がいい職種になるには。
・社会的地位。「プログラマーなんだ、すごいね」と近所の子供が言うようになるには。

たぶんどっちかが満たせれば、人気の職業になるんじゃないかなぁ。

社会的地位に関しては、個人的にはそのままでいいと思っている。

というのも、IT産業を大きく電気・水道・ガスと同じような社会インフラ(広義のハード系)とゲーム等のような娯楽メディア製作(広義のソフト系)にわけて考えた場合、大量の人員が必要なのは前者の社会インフラ構築であって、後者は全体でみたらごく少数の人員で事足りてしまう。

社会的地位(といより露出度か)が高いのは後者の人員で、これは今でも関わっている人達はスタッフロールに名前が載っていると思う。

そう考えると、前者の人達の成果物からスタッフロールが無くなったのは、社会インフラとして認められてきたための副作用なのかもしれない、と考えるのは考え過ぎだろうか。

昔は建てた家に大工の名前が書いてあったが、今は無いのと同じなのかもしれない。

一方の金銭面に関しても、実は低くないのかもしれない。
産業別で賃金を比較すると、むしろ高い方のようだ。

厚生労働省:平成18年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況 産業別にみた賃金

ここから男性・30-34歳・トップ5を抜き出すと、
金融・保険業 394.1
不動産業 348.5
情報通信業 328.3
電気・ガス・熱供給・水道業 328.3
教育,学習支援業 318.9

となり、情報通信業は3位になる。(単位は千円)

サービス残業が多い業界なので、額面ではなく時給換算で計算するとまた違った結果になるかもしれないが、これはちょっとびっくりな結果だ。

このギャップはどこから生まれているのだろうか。
posted by kozi at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

Greasemonkey

初Greasemonkey。

seesaa_edit.user.js

記事投稿画面のサイズをいじくります。

・textareaの縦横サイズ変更
・プレビューの改行位置変更

両方ともこのブログの値に設定しているので、
自分のブログ用にする場合には10-12行目を書き換えてください。

var TEXTAREA_COLS = "68"; //入力欄幅
var TEXTAREA_ROWS = "30"; //入力欄高さ
var PREVIEW_PADDING = "123px"; //プレビュー幅(初期値543pxからどれくらい詰めるか)



posted by kozi at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xbox Liveのカオス

今日は前の会社の人達との新年会だった。
酒を飲んだのでジョギングはパス。
長く続けるために、無理はしない。

その席でXbox LiveのUNOゲームがカオスで面白いという話を聞いた。
カメラを使ってる人が結構いるらしく、その映像が面白いということらしい。

たとえば、負けると1枚ずつ脱いでいく人。
特にそういう取り決めがあるわけでなく、おそらくマイルール。

さらに、ゲーム開始時点で既に裸だったり、下半身のアップだったり。

(当然ながら、全員男性です。あと外人)

ある露出男性(イタリア人)は、このネタを教えてくれた人の事をなぜか女性だと思ったらしく、しつこく話かけてきたらしい。
(カメラとヘッドセットを使っていない人なのでわからなかったようだ)

「俺は男だよ」ということを伝えたら、ゲーム中にログアウトされたそうな。

っていうか、下半身露出男性が居るテーブルでゲームをやりたがる女性
がいると思っているのだろうか。または、前例があったのだろうか。

異文化の壁は厚いな、と思った出来事。
posted by kozi at 01:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ISSEI

404 Blog Not Found:ニセ情報科学? - ISSEI
庄司副社長は、プログラムが完成するたびにストップウオッチを片手に処理速度を計測したという。

こういうやつってまだ居るんだなぁと思いつつ、元記事を読んでいたら、
なんか引っかかるものがあった。

データをすべてファイル名扱いにして高速検索を実現? - 黎明日記
でもね、プログラミングの才能とビジネスの才能はまったく別のものだということが、はっきりと解ってちょっと安心したよ。
デジタル開拓者たち 「教師がプログラマーになった理由」 HOWS 代表取締役副社長CTO 庄司 渉 氏
「Ajax Builder」で一躍脚光を浴びるベンチャーHOWSへ/Tech総研

HOWS、Ajax Builder、CTO、変なスーツ、色メガネ…。

って、こいつ会ったことあるぞ!

去年の春ぐらいに取引先でAjax Builderのデモを見た時に
こいつが説明していた。

せっかくの機会だったので技術的な質問を1つ2つしたのだが、
どれも支離滅裂な回答だったので、げんなりした記憶がある。

まだ生き残っていたとは思わなかった。
posted by kozi at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。