2008年02月03日

中華そば 青葉 八王子店

八王子店ができたのはけっこう前だと思うが、今回初めて食べた。

特製つけ麺を注文。

麺がもちもちしていて、とてもおいしい。
あっという間に食べ終わっていた。

これまでは、つけ麺といえば新宿のもちもちの樹がマイベストだったのだが、青葉のつけ麺のほうが好みの味。地元にこんな店があったなんて、今まで来なかったことにちょっと後悔した。

欠点は、特製つけ麺だとチャーシューなどが入って少し量が多いこと。
普通のつけ麺でも十分かもしれない。

また来たい。


中華そば 青葉 八王子店
東京都八王子市南新町15-1
posted by kozi at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高尾とうふ 江戸路

一日をグルメに過ごすと決めて、最初に入った店。といっても、行きつけの美容室の向かい。

美容室の人曰く、店の名前は「高尾とうふ」ではなく「江戸路」らしい。
看板は「高尾とうふ」のほうが目立っているのだが。

豆腐のドーナツが有名らしいので、食べてみた。
店頭にはパックしたものしかなかったが、店員さんに言ったら1個から売ってくれた。60円くらいだった。

甘さ控えめで、ふつうにおいしくて、安心する。
まさに素朴味。

これはクセになる。


高尾とうふ 江戸路
八王子市横山町8-4
posted by kozi at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にわかグルメ

今日美容室に行ったときに、TITLE 3月号でやっているスイーツ特集の話から、グルメ全般の話になって盛り上がった。それから、今日は一日グルメに過ごすぞ、と思いたって近くの店を歩いて回った。

話には良く聞くけど、実際に訪れたことがない店ばかり回れて楽しかった。

たまにはこういう日もいいな、と思った。
posted by kozi at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

任天堂のサポート体制

任天堂のサポートはやはりすごい。

任天堂のすごさを垣間見たとき
どう見ても本体交換で「本来なら有料になりますが、無料とさせていただきます。シリアルNOが変更になっています」なのだが、

子供1号が DS に貼っていたポケモンのシールがそのまま貼られている。

子供2号が噛んで(なぜ噛む?)ついた傷はついていない。

どう考えても一度きれいにはがしてまた貼ったとしか思えないのだが、剥がしたようにはとても見えない。

一度シールを丁寧にはがして、新しい筐体に貼り付けたということらしい。
子供のおもちゃだから、といっても、この対応はなかなかできない。

この部分だけ見ると、コストという考えから完全に外れている。
しかし、任天堂は財務的にも超優良企業で、これでも利益がでる構造になっているということ。

そして、サポートにまつわる都市伝説はファミコン時代からあるので、その頃から今の水準に近い体制がずっと維持されてきているのだと思う。この高い水準を維持するということは至難の業だと思う。特に大企業になればなるほど難しくなるはず。

それができる任天堂という会社は、どういう構造になっているのだろうか。
posted by kozi at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気圧計を使いビルの高さを測る10種類の方法(解答)

注文していたエキスパートCプログラミングが届いた。
早速以前の記事の解答を調べてみた。

全部で21種類書かれていた。
その中には、その発想は無かったと思ったのが3つあった。

エキスパートCプログラミング
気圧計をビルの管理人にプレゼントすれば、そのビルの高さを教えてくれることは間違いない。

マフィア法:
気圧計を武器に、ビルの管理者から無理矢理ビルの高さを聞き出す。

商人法:
気圧計を売り、役に立つ道具を買う。

問題の答えについて考えていた時は、気圧計をあくまで計測の道具として使用していたが、この3つにはそれがない。問題にはその制約は書かれていなかったが、だめだという固定概念を持っていたので、この発想には至らなかった。

これらが浮かぶ人は頭が柔らかいなと思う。


エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)
エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books)
posted by kozi at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

高速電脳が自己破産

PCパーツショップの高速電脳が自己破産したそうだ。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0801/31/news050.html

よく自作PCを作っていた時期に、情報収集でお世話になった店。
無くなってしまうのはとても残念。

昔はメーカー製PCの拡張性が貧弱で、自作PCじゃないと困ることが多かった。それが今ではほとんどの用途でメーカー製PCで事足りてしまう。それでも困る場合はショップブランドPCというものもある。組み立て済み自作PCというもので、カスタマイズも多少できる。実用上これで困ることはほとんど無い。

いつの頃からかゼロから自作PCを作ることが趣味になっていったのだと思う。これも時代の流れなのかもしれない。

Internet Archiveで、昔の高速電脳のサイトを見て懐かしんだ。
こういうものを探してきて、昔は良かったと思うのが年をとった証拠なんだろうか。
posted by kozi at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GAP

GAPで服を買った。
発端はアイロン掛けの話から。

1.まさか社長が自分でアイロンをかけているなんて、びっくり
2.自分は全くアイロンをかけないことに劣等感(?)
3.シャツにアイロン掛けて着るぞ、という脳内宣言
4.シャツに合わせたセーターとかがないと寒いことに気づく
5.買いに行こう
6.GAPで服を買った←いまここ

発端になったアイロン掛けは、まだ一度もしていない。
posted by kozi at 01:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[本]犬神家の一族

本を読み始めてから気づいたのだが、TVでも一度も観たことがなかったようだ。超有名な作品だし、地面に刺さった死体は知っていたのに、不思議だ。

で、読んでみたら、これがかなり面白い。
物語に引き込まれすぎて、仕事が手に付かない。

それで寝不足になったり、昼休みを30分以上オーバーしたり。
これはとっとと読み終わらなければならない。

今は珠世さんがクロロホルムで危機一髪なところ。
続きが気になってしょうがない。


犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)
posted by kozi at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。