2008年03月18日

タイトル

内容が本の場合に、記事のタイトルに[本]を付けるようにしました。これまでの記事にも修正を加えています。

英語の場合にも[英語]と付けた方がいいかは迷っているところです。ただ、英語の本についての記事を書いた場合に[英語][本]と付くのは少しくどいので、きっと付けないで決まると思います。

ちなみに、この記事と前の記事ではですます調を意識しているため、いつもより余計に変な文になっていますが、これは仕様です。

This behavior is by design.
posted by kozi at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[本]ミミズクと夜の王

雑誌ダヴィンチ(だったと思う)のラノベ特集で、文学少女シリーズを差し置いてお薦めされていたので、(あれより良いわけないだろうと心の中で軽く抵抗しつつ)読んでみました。

買って喫茶店に入って気楽に読み始めて、エアコンが効き過ぎていて寒く、途中からトイレに行きたいのを我慢しつつ、3時間ぐらい粘って一気に読み終えてしまっていました。物語の世界にどっぷり浸れます。

作者は紅玉いづき氏。第13回電撃小説大賞の大賞受賞作と帯に書いてある。電撃文庫なのでラノベなのだけど、表紙はシンプルで挿絵が無い構成になっているので手に取りやすい。個人的には挿絵がない方がイメージにギャップを感じないので、こういうのは嬉しい。

自らをミミズクと呼ぶ女の子と、フクロウと名付けられる夜の王(魔王)が出会うお話。どうしても帯の「ただそれだけの物語です」とかぶってしまうけど、本当にそれだけのお話です。童話のような文章で、ストレートに読み進められます。

確かに、この本はラノベ初心者には一番のお勧め作品です。ラノベは本読みの中でも食わず嫌いが多くいるジャンル?なので、この本をきっかけに読む人が増えてくれればと思う。


ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)
紅玉 いづき
メディアワークス (2007/02)
売り上げランキング: 1994

posted by kozi at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロからの基礎英語ステップ2終了

iKnow!のゼロからの基礎英語のステップ2が終わった。最後は試しにやった携帯アプリで終わらせた。文字入力が携帯用に工夫されていて面白いが、パソコンでやった方が真剣にやっている気がする。画面サイズが小さいのがネックなのだろうか。

気づけば英語を学び始めて1ヶ月が過ぎていた。三日坊主にならずに続いているのはソフトがいいからだと思う。

iKnow!とそれを作ったセレゴ・ジャパン社に感謝。
posted by kozi at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

かわいそうな世代?

J-CASTニュース : 一番の関心事は貯金 20代は「かわいそうな世代」なのか
つまり、飲み代や買い物を節約し、貯金に回しているようなのだ。

こうやって暗に今の消費低迷の責任を20代に求められても困る。そもそもはバブル世代に代表される好景気を生きた世代がお金を使いすぎていただけで、実はお金をそんなに使わなくても十分満足できる人がたくさんいた、ということなのです。だから個人の好きにさせておいて欲しい。

J-CASTニュース : 一番の関心事は貯金 20代は「かわいそうな世代」なのか
「20代がお金を使わずに貯金しているのは、自己投資をしていないのと同じだから、これからの人生に向かって投資しなさい、と言いたい。投資は成功も失敗もあるけれども、どちらがおもしろい人生を送れるか、ということだと思うんです」

自己投資はお金を使うことではないです。休日に家に居られるということは、毎週空き時間が確保されている状態なので、むしろ遊び回っているよりも自己投資している可能性が高いです。

この人はお金の浪費が自己投資だとでも言いたいのだろうか。
posted by kozi at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac OS X のキーボードショートカット

こういうショートカットも覚えていかないと。

Mac OS X のキーボードショートカット
posted by kozi at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任天堂の社長

任天堂社長の岩田聡氏の話が面白い。あっさり話しているけど奥が深い話ばかりなので、1回読んだだけではとても吸収できない。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 社長に学べ!

任天堂の岩田社長が遊びに来たので、みんなでご飯を食べながら話を聞いたのだ。


posted by kozi at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

手で持たない傘

肩ブレラというアイテムが何だかすごい。
スーツに装着するのはよれそうです。
posted by kozi at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー 冬に咲く、奇跡の桜

かなり面白かった。そして泣いた。

今回は始めから泣くであろう想定でハンカチを用意していったが、ぽろぽろ泣きながらも涙を拭うのも忘れて魅入っていた。

映画が終わった後も思考の半分以上が独占されたままだったので、ずっと寝起きの状態みたいになっていた。

そのまま帰りの電車に揺られながらぼーっと回想していたら、だんだん原作を読み直したくなってきたので、本屋で冬島編の15巻から17巻を買った。そして家ですぐに全部読んで、もう一度泣いた。そんなわけで、今日はONE PIECE一色だった。

この映画が今年一番なのではないかと思う。


医者を……教えでぐだざい…!!!

おれが"万能薬"になるんだ!!!
何でも治ぜる医者になるんだ!!!

……だって……!!
だって ごの世に…治ぜない病気はないんだがら!!!!
posted by kozi at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[本]YOTSUBA&! 5(英語版)

英語版よつばとも5巻目。これが英語版での最新刊。

1巻を読んだ頃はまだ英語アレルギーがあったが、最近は身構えなくても読めるようになった。マンガを英語学習の教材に選んだのは正解だったようだ。きっと身の丈に合っているのだろう。

話の内容ではダンボー(英語版ではcardbo)の話も日本語版同様に面白かったが、それよりもよつばとヤンダのうんこトークが面白かった。

YANDA'S EATING POO!
YOU'RE A POO EATER!
EEEW! EEEW!

THIS POO IS DELICIOUS!
DELICIOUS POO!

?!
LIAR! POO ISN'T DELICIOUS!

WHAT?
OH, SO YOU'VE EATEN POO?!

習う英語では絶対に出てこない会話だ。


Yotsubato 5 (Yotsubato (Graphic Novels))
Kiyohiko Azuma
ADV Manga (2007/10/10)
売り上げランキング: 6881

posted by kozi at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

RICOH GR DIGITAL II

価格.com - すべて すべてのクチコミ 『なぜGX-100ではなく、GRII?』
GX-100は万能ナイフ、GRは切れ味鋭いナイフとメーカーは言ってますが、私の解釈では「機能」と「性能」の違いを言い表しているのだと思います。(GX-100の性能が悪いということではないでしょうが)GRの単焦点は潔く迷いを吹っ切ってくれます。これで撮れるものだけを撮る。撮れないものは諦める。何かしら哲学めいたものを漂わせるGR。私はGRを例えるならカスタムナイフといったほうが似合ってると思います。確かに切れ味は鋭いですが無駄な贅肉を削ぎ落とされた無骨なデザインは正に道具としての魅力があります。でもGXも魅力はあります。両機の使い分けは例えるなら、GXは慰安旅行。GRは一人旅。ってとこでしょうか。

この書き込みを読んでGR DIGITAL IIが欲しくなった。
posted by kozi at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くるぶし

右のくるぶしの部分だけ肌が乾燥してカサカサしている。
他は何とも無いのに、なぜここだけ水不足?なのだろうか。
posted by kozi at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

Amazonのほしい物リストで個人情報が流出

Amazonのほしい物リストで個人情報(本名・都道府県)が他人から見えてしまうという問題が起きているらしい。

密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?:CNET Japan Staff BLOG - CNET Japan
というのも、ほしい物リストは作成時に非公開設定にしない限りウェブに公開される仕様となっており、さらにAmazon.co.jpのサイト上から名前またはEメールアドレスで検索できるため、不特定多数のインターネットユーザーに自分の欲しい商品が見えてしまうからだ。

今はAmazonのサイトでほしい物リストの検索ができなくなっている。まあ、個人情報が漏れているのならば当然だろうと思っていたが、朝日新聞の記事には気になることが書いてあった。

asahi.com:アマゾン「ほしい物リスト」、他人に丸見え 本名も表示 - 社会
 サイトを運営するアマゾンジャパンの広報担当者は「公開になるという説明は、必ず目につくような場所につけている。設定の変更もできるようになっている」と説明。「そもそも、ほしい物リストは、アメリカの文化で、友人や家族にプレゼントして欲しいものをあらかじめリスト化する習慣に合わせてできた機能。公開して使うことが前提になっている」としている。


まとめサイトにあるように、Googleで検索すると本名のようなものが出てくるのだが、これも「公開して使うことが前提」になっているから問題ではないということなのだろうか。

ここから検索結果を削除できるので、公開が不本意な人は削除リクエストを行った方がいい。
posted by kozi at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ラダーシリーズ

洋販社のラダーシリーズという基礎英語の本がよさそうだ。難易度のレベル別に本が出版されているので、自分に合ったレベルの本を選ぶことができる。

LEVEL1 1000語 / TOEIC 300点以上 / 英検4級以上
LEVEL2 1300語 / TOEIC 350点以上 / 英検3級以上
LEVEL3 1600語 / TOEIC 400点以上 / 英検準2級以上
LEVEL4 2000語 / TOEIC 470点未満 / 英検準2級以上
LEVEL5 制限なし / TOEIC 470点以上 / 英検2級以上

まずはLEVEL1の本を1冊買ってみようと思う。
posted by kozi at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィッシュリストの整理

携帯からウィッシュリストが見られるようになったので、リストを分類別に分けて整理した。ほとんどが本で、全部で200冊以上登録されていた。

その中で一番古いのは2006年8月のものだった。2年前に欲しいと思って今まで買っていない本は、はたして今後買うのだろうか。年100冊以上も需要より多く欲しい本が登録されていく中で、この本を選ぶことはないだろうなあと思いつつも、少し読んでみたい気持ちがあるので消せなかった。

全部買ったら幾らになるのだろう。
posted by kozi at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

[本]島を旅する

著者は今村治華氏。氏は日本中の島を旅し、地元人の生活を肌で感じ、そして自ら体験したことを文章にしているフリーライターだ。

氏の文章は力強く、島の生活が生々しいほどに伝わってくる。

島を旅する
 島はのんびりしている、なんていうのは嘘だ。サトウキビの収穫期に、畑でお茶を飲んでいる人たちを見かけ、「ああ、島はのんびりしているなあ」と思う。だが見方を変えると、休まなければならないほど、仕事の合間にお茶やお菓子を取らなければならないほど、その仕事はきついのだ。

来月沖縄に行こうと思っている中で、頭のどこかに「島はのんびりしている」という固定概念を持っていただけに、これはガツンと来た。この見方を旅行前に知れてよかったと思う。

また、こういうエピソードが書かれている。

島を旅する
 私は、娘さんに電話をした。研さんは、対岸に加計呂麻島を見据える奄美大島南端の町、古仁屋にある病院に入院していた。「三月末に見舞いに行こうと思っている」と伝えると、「間に合わないかも」と、彼女は答えた。
 私がもっとも早く島に行けるのは、十日後だった。この日でも遅いかもしれない。だけど、正規料金で明日のチケットを買うお金が、私にはなかった。

ライターとして収入源が確立できておらず飛行機代が「惜しい」ではなく「無い」という生活の中で、島を巡る旅を続けていくというのはすごい信念だと思う。

「好きを貫け」と言ったのは、梅田望夫氏の著書のウェブ時代をゆくだったと思ったが、分野が違ったとしても今村治華氏もその好きを貫いていると言える。本書は、そんな氏のライターとしての成長記録としても読むこともできるのではないだろうか。



島を旅する
島を旅する
posted with amazlet on 08.03.12
今村 治華
南方新社 (2003/12)
売り上げランキング: 240501

posted by kozi at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯からもウィッシュリストが見れる

いつの間にか携帯のAmazonサイトからでもウィッシュリストが見られるようになっていた。これで気になる本は何でもウィッシュリストに登録して管理できるので便利。

posted by kozi at 02:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

Amazonのウィッシュリストがほしい物リストに

Amazonのウィッシュリストがほしい物リストへといつの間にかに名前が変わっていた。

確かにほしい物リストの方が分かりやすくてよいと思うが、それよりも元々のインターフェイスがあまり使いやすくないので、そろそろ大幅に変更してもよい時期に来ている気がする。

特に視点の移動についてはもう少し気にして欲しい。
posted by kozi at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[本]YOTSUBA&! 4(英語版)

英語版よつばとも4巻目。今回は会話が多く、少し難しかった。

今回気になった点。1巻でよつばは父親の職業をこう言っています。

YOTSUBA&! 4
HE'S...
HUM? UM...
A TRA...
A TRAIN SPOTTER!

日本語版では「翻訳家」を「こんにゃくや」と言い間違えていますが、英語版では「translator」を「train spotter」と言い間違えています(train spotterは鉄道オタクという意味らしい)。

そして4巻ではその伏線?が回収されるのですが、

YOTSUBA&! 4
MR.KOIWAI?
WHICH KONNYAKU DO YOU THINK IS BEST?

HUM?
I'D SAY THEY'RE ALL PRETTY MUCH THE SAME.

というように、こんにゃく屋と間違えたままの会話が続くため、意味が通じなくなっている。

英語版だけを読んでいる人は不思議な会話だと思っただろう。


Yotsubato 4 (Yotsubato (Graphic Novels))
Kiyohiko Azuma
ADV Manga (2007/06/27)
売り上げランキング: 516

posted by kozi at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

沖縄離島旅行

以前書いたリフレッシュ休暇として、4月5日から4月24日まで沖縄の離島に行くことに決めて、行き帰りのチケットを手配した。
あとは出発までに最初の宿の手配をして、それ以外は何もしない予定。

何も決めないでふらっと行って、ぶらぶらして帰りたくなったら帰ろうと思っている。
posted by kozi at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

喜久屋書店八王子店が閉店

八王子駅近辺で最大規模の喜久屋書店八王子店が今月末で閉店するらしい。どうやら平均月商が当初予定の半分程度だったらしい。敗因は駅から少し離れた長崎屋の中という立地の問題だろうか。巡回コースになっている本屋だけに非常に残念。

それにしても八王子駅前は本屋が多い。3月6日にオープンしたそごう内の有隣堂書店、ロータリー沿いにあるくまざわ書店、東急スクエア内のブックファースト、K8内の啓文堂書店。どれも喜久屋書店より規模が小さいが、それでもそこそこの規模の本屋が密集している。本好きとしては嬉しいが、そんなに本を買う人がいるのか、と疑問に思ったりする。きっと客の取り合いが激しいことだろう。

ちなみに僕が一番利用するのは、上記には無いあゆみブックスという本屋。上記の本屋は全て駅の北口にあるが、この本屋だけが南口にある。そして規模は小さいが、なんと平日と土曜は夜24:40まで、日曜も夜24:00営業している。これは、たとえば新宿ルミネのブックファーストで閉店間際に探して見つからなかった本が、そのまま電車に乗ればあゆみブックスでも本を探せるということだ。24:40という半端な閉店時間がこのせいかは分からないが、少なくとも閉店間際はけっこう客がいるので繁盛しているのだろう。

棲み分けというのはきっとこういうことを言うのだろう。

posted by kozi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。