2008年03月09日

八方塞がり

JALのマイレージサービスの画面にログインできない。

元々JASの会員で、JASの頃は何度かログインしていたが、JALになってからは一度もしていない。JASの頃のパスワードでログインできないため、どうやらパスワードは引き継がれていないようだ。JALに統合された頃にカードが届いたが、それ以外の案内は来ていないので、おそらくその当時にサイトにアクセスした人には再設定する機会があったのだろうと思う。

ログイン失敗の画面を見ると、以下の記述があった。

JALマイレージバンク - 会員ログイン
「パスワード」をお忘れになった場合、カードお申し込み時に「パスワード」のご記入がない場合は、お手数ですがインターネットにてご照会いただくか、24時間自動音声応答サービス「待っテル君」0120-747-255にてご照会ください。インターネットにてご照会いただく場合、e-mailアドレスを既にご登録の方は、e-mailにて即時お知らせすることが可能です。ご登録住所への郵送の場合、約1週間でパスワードをお届けいたします。


おそらく、カードお申し込み時に「パスワード」のご記入がない場合というものに該当するのであろう(ちょっと違うのだが)。電話かメールで照会できるようだが、メールは登録していない。JASの頃はメールの設定はなかったように思う。となると電話か郵送での照会になる。

ふと、ここでJASがJALと統合した時期が2004年だったことを思い出した。その頃は今の住所に引っ越す前のため、郵送だと届かない可能性が高い。

電話の方が確実だと思い、上記の電話番号に電話をかけるが、携帯ではダメだという。どうやら携帯からには対応していないフリーダイアルのようだ。

家には固定電話が無いため、サイトからフリーダイヤルではない通常の問い合わせ電話番号を探すことにする。すぐに待っテル君の案内ページを見つけられたが、なんとフリーダイヤルしか載っていない。信じられないことにフリーダイヤル専用のサービスらしく、名前とは裏腹に(?)待っテル君は携帯からは待ってくれないらしい。

ということがあって、マイルの照会ができない。
posted by kozi at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロック

Wikipediaのロックのページが面白い。

最近洋楽に興味があるのだが、バンド名がさっぱり分からないので参考になる。
posted by kozi at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

英語学習

前の記事では基礎英語チャンネルの2000単語を今年中に終わらせようと考えていたが、実は基礎英語チャンネルは1250単語(ステップ7)までしか作られていないようだ。

別に1250単語でTOEICを受けてもいいのだけど、代わりに動詞コロケーションを追加しようと思う。また、各コースには最適な学習期間があるようだ。

これらを踏まえると以下のスケジュールになった。コース間の日付が多少重複しているのは、学習の終盤になると学習時間が短くなるため。

02/16-03/03 基礎英語ステップ1(20日)
03/03-03/23 基礎英語ステップ2(20日)
03/20-04/08 基礎英語ステップ3(20日)
04/01-05/11 基礎英語ステップ4(40日)
05/02-06/21 基礎英語ステップ5(50日)
06/11-07/31 基礎英語ステップ6(50日)
07/25-08/24 基礎英語ステップ7(30日)
08/15-10/09 動詞コロケーション1(45日)
09/30-11/14 動詞コロケーション2(45日)

結果、TOEICは11月30日の第143回を受けることに決めた。
posted by kozi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

[本]YOTSUBA&! 3(英語版)

1巻と2巻が英語に抵抗なく読めたので、3巻から5巻まで買った。
1日の電車往復分で1冊を読み終えられるので、英語の勉強としてもちょうどいい。

以下はお気に入りの台詞。

YOTSUBA&! 3
IT'S SO HUGE! LOOK AT HOW HUGE IT IS!
WHTH SOMETHING THAT BIG, "JUMBO" DOESN'T EVEN COME CLOSE!

これだけでけーと ジャンボ意味ねーな


Yotsubato 3 (Yotsubato (Graphic Novels))
Kiyohiko Azuma
Adv Films (2005/10/03)
売り上げランキング: 6642

posted by kozi at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[本]黒猫/モルグ街の殺人

推理小説の元祖と言われている「モルグ街の殺人」を含む、Edger Allan Poeの短編集。

今フルネームを書いて気づいたが、江戸川乱歩のペンネームの元となった人物だった。表紙にはポーとしか書かかれていなかったとはいえ、自分の名前に対する興味のなさにがっかりした。

短編はどれも1840年前後の作品だが、現代語で訳されていることと、小川高義氏の翻訳が良いため、とても読みやすい。

計算された展開を得意とする作家らしく、文章は無駄がなく洗練されている。特に「黒猫」の後半にかけての展開に見事に引き込まれた。160年前以上前という時代を超えた作品で、作者の意図通りに読めたことがとても新鮮だった。

これだから小説は面白い。


黒猫/モルグ街の殺人 (光文社古典新訳文庫)
ポー 小川 高義
光文社 (2006/10/12)
売り上げランキング: 72510


posted by kozi at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

The Economist

本は10冊同時に読め!に書かれていたThe Economistが、実際にどのくらい難しい英語なのか試しに買ってみた。
薄い雑誌なのに1150円と値段が高い。レジでちょっとびっくりした。

内容は確かに難しくて全く分からなかった。
これが手探りでも読めるようになれば、だいぶ実力が付いたと言えるのだろうか。

たまに引っ張り出して読んでみようと思う。
posted by kozi at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

What happened to him?

iKnow!のhappenの例題に表示される画像が笑える。
http://www.iknow.co.jp/item/35009

例題は「What happened to him?」。
まさに「彼に何が起こったのだろう」だ。
posted by kozi at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

OutOfMemory

月曜なのに終電で帰宅。最近は早く帰るようにしていたが、今日は無理だった。

大量のデータを操作するプログラムでOutOfMemoryが出た。瞬間的に大量のデータを生成して破棄していくような処理でGCが追いつかないようだ。List・Map・配列のメモリ使用量の違いから初めて、不要な参照にnullを入れたり明示的にSystem.gc()を実行してみた場合の動作の違いをテストしたが、GCの動作的にはどれも変わらなかった。nullやらSystme.gc()は都市伝説かもしれない。

それにしてもJavaでは今何にどれくらいのメモリを使用しているかがわかりにくい。一応、計算する方法もあるみたいなので、明日もう少し調べてみるつもり。
posted by kozi at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ゼロからの基礎英語ステップ1終了

iKnow!のゼロからの基礎英語ステップ1が終了した。iKnow!を始めたのが2月16日なので、17日間で100単語を覚えたことになる。

このペースで進めていくと、基礎英語チャンネルの2000単語を終わらせるには340日かかる計算になる。今年はあと303日なので、今年中に終わらせるためにもう少しペースアップしなくては。

終わったらテストとしてTOEICを受けてみようと思っている。試験日程を確認したところ、2009年1月11日の第144回がタイミング的によさそうだ。

がんばろう。
posted by kozi at 01:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

[本]本は10冊同時に読め!

著者はマイクロソフトの元社長。まずタイトルが凄い。サブタイトルまで含めると「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! 」になる。
煽りまくりである。

本書は「超並列」読書術なる十冊を同時に読む方法が書かれているわけではない。読了後にタイトルを見て、読書術なんて書かれていたか?と思ったぐらい。

本書では著者の偏見が中和されることなく表現されている。本書の内容を一言で表すと、成功したければ大量に本を読めということなのだが、そのことを表現するための肉付け部分に毒が多い。

たとえば低所得階級の人間を指して庶民という表現を使っているが、言わんとしていることはタイトルに置き換えるとサルだし、一般的にはバカに近い意味になるだろう。自分の事を言われていると解釈してしまう読み手は読み進めることに腹が立ってくるかもしれない。

そういった点を冷静に受け流せれば、本書の提言は的を射たものとして受け入れられると思う。

特にタイトルにもある本を並列に読むということは効果が大きい。僕も小説・エッセイ・英語学習本・技術書と四種類の本を並列に読んでいるが、もしどれか一種類しか読めないとなると相当効率が下がる。技術書を持ち歩くのは嫌だし、読みたくない時に無理に読みたくないからだ。

個人的に一番興味深かったのは唐突に文豪批判が書かれていたこと。

本は10冊同時に読め!
夏目漱石の『吾輩は猫である』、梶尾基次郎の『檸檬』、田山花袋の『蒲団』を読んだところで、何をどう感じるというのだろうか。本を積み上げた上に檸檬を置いて、その黄金色の爆弾が爆発したら面白いだろうといわれても、「はあ……」という感想しかもてない。

これは別に書かなくてもよい気がするが、なぜ推敲の過程で削られなかったのだろうか。書いているうちに嫌な思い出が甦ってきたのだろうか。そんなことを考えてしまった。

ここまで書いて、ふと、これは成功本ではなくエッセイなのかもしれないと思った。



posted by kozi at 21:37| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefoxで必須のアドオン(その2)

Firefoxで必須のアドオンの記事を書いてから、さらに二つアドオンを追加した。これ以上追加すると重くなりそうなので、もう増えないと思う。

HighlightAll
選択したキーワードをハイライト表示する

Stylish
サイトのスタイルシートを変更できる
ここからユーザースタイルシートが探せる
posted by kozi at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語版マンガの最終ページにある注意書き

ONE PIECE英語版では、最後のページに以下のような注意書きが書かれている。

ONE PIECE 1
You're Reading in the Wrong Direction!!

Woops! Guess what? You're starting at the wrong end of the comic!

...It's true! In keeping with the original Japanese format, One Piece is meant to be read from right to left, starting in the upper-right corner.

Unlike English, which is read from left to right, Japanese is read from right to left, meaning that action, sound-effects, and word-balloon order are completely reversed...something which can make readers unfamiliar with Japanese feel pretty backwards themselves. For this reason, manga or Japanese comics published in the U.S. in English have sometimes been published "flopped" -that is, printed in exact reverse order, as though seen from the other side of a mirror.

By flopping pages, U.S. publishers can avoid confusing readers, but the compromise is not without its downside. For one thing, a character in a flopped manga series who one wore in the original Japanese version a T-shirt enblazoned with "M A Y" (as in "the merry month of") now wears one which reads "Y A M"! Additionally, many manga creators in Japan are themselves unhappy with the process, as some feel the mirror-imaging of their art reveals otherwise unnoticeable flaws or skiews in perspective.

We are proud to bring you Eiichiro Oda's One Piece in the original unflopped format. For now, though, turn to the other side of the book and let the journey begin...!

-Editor

アメリカでは左から右に読み進める本しかないため、説明が無いと間違えてそのまま読み進めてしまうのだろう。同じページにコマの読み進め方の図も書いてあって親切。

こうしてマンガがきっかけで文化の違いを知った読者が日本自体にも興味を持ってくれるかもしれないと思うと、ちょっと嬉しい気持ちになる。

ちなみに、訳を載せようと試みたけど途中で燃え尽きた。英語はまだまだ全然だめだ。
そのうちリベンジしたい。
posted by kozi at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

[本]ONE PIECE 1(英語版)

YOTSUBA&(よつばと)に続きONE PIECEの英語版を読んだ。一時間半ぐらいで読み終えた。かかった時間はYOTSUBA&と同じなので、おそらくこのくらいのペースなのだろう。

YOTSUBA&に比べると台詞が難しい。世界観を表現するためにスラングが多く入っていることと、会話に状況説明が織り込まれていることが主な難しさだと思う。一方のYOTSUBA&は会話のどちらかが子供であることが多く簡単な台詞を選んでいる、という点もあるかもしれない。

意味が判らないところは読み飛ばしていったので、もう少し英語が上達したら読み直してみようと思う。


One Piece Vol.1: Romance Dawn (One Piece Series)
Eiichiro Oda Lance Caselman Andy Nakatani
Viz Communications (2003/06)
売り上げランキング: 4353

posted by kozi at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。