2008年03月02日

[本]本は10冊同時に読め!

著者はマイクロソフトの元社長。まずタイトルが凄い。サブタイトルまで含めると「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! 」になる。
煽りまくりである。

本書は「超並列」読書術なる十冊を同時に読む方法が書かれているわけではない。読了後にタイトルを見て、読書術なんて書かれていたか?と思ったぐらい。

本書では著者の偏見が中和されることなく表現されている。本書の内容を一言で表すと、成功したければ大量に本を読めということなのだが、そのことを表現するための肉付け部分に毒が多い。

たとえば低所得階級の人間を指して庶民という表現を使っているが、言わんとしていることはタイトルに置き換えるとサルだし、一般的にはバカに近い意味になるだろう。自分の事を言われていると解釈してしまう読み手は読み進めることに腹が立ってくるかもしれない。

そういった点を冷静に受け流せれば、本書の提言は的を射たものとして受け入れられると思う。

特にタイトルにもある本を並列に読むということは効果が大きい。僕も小説・エッセイ・英語学習本・技術書と四種類の本を並列に読んでいるが、もしどれか一種類しか読めないとなると相当効率が下がる。技術書を持ち歩くのは嫌だし、読みたくない時に無理に読みたくないからだ。

個人的に一番興味深かったのは唐突に文豪批判が書かれていたこと。

本は10冊同時に読め!
夏目漱石の『吾輩は猫である』、梶尾基次郎の『檸檬』、田山花袋の『蒲団』を読んだところで、何をどう感じるというのだろうか。本を積み上げた上に檸檬を置いて、その黄金色の爆弾が爆発したら面白いだろうといわれても、「はあ……」という感想しかもてない。

これは別に書かなくてもよい気がするが、なぜ推敲の過程で削られなかったのだろうか。書いているうちに嫌な思い出が甦ってきたのだろうか。そんなことを考えてしまった。

ここまで書いて、ふと、これは成功本ではなくエッセイなのかもしれないと思った。



posted by kozi at 21:37| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefoxで必須のアドオン(その2)

Firefoxで必須のアドオンの記事を書いてから、さらに二つアドオンを追加した。これ以上追加すると重くなりそうなので、もう増えないと思う。

HighlightAll
選択したキーワードをハイライト表示する

Stylish
サイトのスタイルシートを変更できる
ここからユーザースタイルシートが探せる
posted by kozi at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語版マンガの最終ページにある注意書き

ONE PIECE英語版では、最後のページに以下のような注意書きが書かれている。

ONE PIECE 1
You're Reading in the Wrong Direction!!

Woops! Guess what? You're starting at the wrong end of the comic!

...It's true! In keeping with the original Japanese format, One Piece is meant to be read from right to left, starting in the upper-right corner.

Unlike English, which is read from left to right, Japanese is read from right to left, meaning that action, sound-effects, and word-balloon order are completely reversed...something which can make readers unfamiliar with Japanese feel pretty backwards themselves. For this reason, manga or Japanese comics published in the U.S. in English have sometimes been published "flopped" -that is, printed in exact reverse order, as though seen from the other side of a mirror.

By flopping pages, U.S. publishers can avoid confusing readers, but the compromise is not without its downside. For one thing, a character in a flopped manga series who one wore in the original Japanese version a T-shirt enblazoned with "M A Y" (as in "the merry month of") now wears one which reads "Y A M"! Additionally, many manga creators in Japan are themselves unhappy with the process, as some feel the mirror-imaging of their art reveals otherwise unnoticeable flaws or skiews in perspective.

We are proud to bring you Eiichiro Oda's One Piece in the original unflopped format. For now, though, turn to the other side of the book and let the journey begin...!

-Editor

アメリカでは左から右に読み進める本しかないため、説明が無いと間違えてそのまま読み進めてしまうのだろう。同じページにコマの読み進め方の図も書いてあって親切。

こうしてマンガがきっかけで文化の違いを知った読者が日本自体にも興味を持ってくれるかもしれないと思うと、ちょっと嬉しい気持ちになる。

ちなみに、訳を載せようと試みたけど途中で燃え尽きた。英語はまだまだ全然だめだ。
そのうちリベンジしたい。
posted by kozi at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。