2008年02月10日

[本]青の炎

著者は貴志祐介氏。

倒叙推理小説と呼ぶらしい、犯人からの視点で物語が進む形式。
いうなればコロンボ形式というところか。

この形式の小説を読むのは初めてだったが、あっという間に物語に引きずり込まれていた。

序盤ではなぜ主人公が殺人を犯す必要があるのか、中盤ではいかにして完全犯罪のシナリオを組み立てていくか、そして後半では犯行が露呈していく様子が、次々に気になり、一気に読んでしまった。

主人公が高校生という設定からか、計画の立て方がわりと甘く、警察の捜査が進む中で、何からバレていくのかどきどきした。

それがまるで子供を見守るお母さんみたいで、なんだか楽しかった。

氏の本はクリムゾンの迷宮と黒い家に続く3冊目だが、思えば前2冊も同様に、感情が共有される感覚があった。こういう作品を毎回作れる著者の能力は本物だと思う。

基本的に本は著者買いをしないのだが、氏の本は著者買いしてもよいと思った。


青の炎 (角川文庫)
青の炎 (角川文庫)
posted by kozi at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

青の炎 / 貴志祐介
Excerpt: ★最大1ヶ月無料お試しキャンペーン中!★宅配レンタル『TSUTAYA DISCA
Weblog: おすすめ作品 映画 小説 洋楽
Tracked: 2008-02-19 02:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。