2008年03月02日

[本]本は10冊同時に読め!

著者はマイクロソフトの元社長。まずタイトルが凄い。サブタイトルまで含めると「本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! 」になる。
煽りまくりである。

本書は「超並列」読書術なる十冊を同時に読む方法が書かれているわけではない。読了後にタイトルを見て、読書術なんて書かれていたか?と思ったぐらい。

本書では著者の偏見が中和されることなく表現されている。本書の内容を一言で表すと、成功したければ大量に本を読めということなのだが、そのことを表現するための肉付け部分に毒が多い。

たとえば低所得階級の人間を指して庶民という表現を使っているが、言わんとしていることはタイトルに置き換えるとサルだし、一般的にはバカに近い意味になるだろう。自分の事を言われていると解釈してしまう読み手は読み進めることに腹が立ってくるかもしれない。

そういった点を冷静に受け流せれば、本書の提言は的を射たものとして受け入れられると思う。

特にタイトルにもある本を並列に読むということは効果が大きい。僕も小説・エッセイ・英語学習本・技術書と四種類の本を並列に読んでいるが、もしどれか一種類しか読めないとなると相当効率が下がる。技術書を持ち歩くのは嫌だし、読みたくない時に無理に読みたくないからだ。

個人的に一番興味深かったのは唐突に文豪批判が書かれていたこと。

本は10冊同時に読め!
夏目漱石の『吾輩は猫である』、梶尾基次郎の『檸檬』、田山花袋の『蒲団』を読んだところで、何をどう感じるというのだろうか。本を積み上げた上に檸檬を置いて、その黄金色の爆弾が爆発したら面白いだろうといわれても、「はあ……」という感想しかもてない。

これは別に書かなくてもよい気がするが、なぜ推敲の過程で削られなかったのだろうか。書いているうちに嫌な思い出が甦ってきたのだろうか。そんなことを考えてしまった。

ここまで書いて、ふと、これは成功本ではなくエッセイなのかもしれないと思った。



posted by kozi at 21:37| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの本読んでます。
著者の、言いたいことがずばずばと書いてあってなんだか爽快ですよね。

しかし、勝手なこと書いてるなぁと思うんだけど、でもなんだか自分に渇を入れられている気もして少し面白い本ですね。
Posted by おしるこ。 at 2008年03月21日 02:09
おしるこ。さんはじめまして。

本当に勝手なことばかり書いてあって、ちょっと他のビジネス書とは違いますよね。

断定文が多いから上から偉そうに言われているような印象を少し受けるけど、著者はきっと面白がって本を書いたんだろうな、と思っています。
Posted by kozi at 2008年03月22日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

The Economist
Excerpt: 本は10冊同時に読め!に書かれていたThe Economistが、実際にどのくらい難しい英語なのか試しに買ってみた。 薄い雑誌なのに1150円と値段が高い。レジでちょっとびっくりした。 内容は確かに..
Weblog: 素朴味
Tracked: 2008-03-06 09:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。