2008年03月27日

[本]六枚のとんかつ

蘇部健一氏の問題作を読みました。第3回メフィスト賞を受賞して、さんざん叩かれた作品らしいです。

文庫版でだいぶ手が入っているせいかもしれないですが、普通に面白かったです。短編集だけど短編同士の流れが悪い(繋がっていない)のでついていけない人が多いのも分かる気がするけど、これはこれで十分ありだと思います。まあ新人作家でメフィスト賞を受賞したという先入観からは、この内容は想像できないと思うけども。

お気に入りはこれ。

 私はゆっくりと桂男爵を指さした。
「桂男爵、あ、あなたは、か、か、かつらだーッ!!」
 そう言って、私は桂男爵の禿げ頭に向かって思いっきりダイヴした。

     2

 はたして、桂男爵はかつらではなかった。

「か、か、かつらだーッ!!」だけでも十分面白いのに、この間の取り方はずるい。これはぜったいに思い出し笑いしてしまう。


六枚のとんかつ (講談社文庫)六枚のとんかつ (講談社文庫)
蘇部 健一

講談社 2002-01
売り上げランキング : 66905

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by kozi at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91119116

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。