2008年04月04日

[本]人類は衰退しました

 人類は衰退しましたを読みました。作者は田中ロミオ氏。いわゆるライトのベルです。ミミズクと夜の王とは違って表紙のイラストがラノベによくあるかわいい系なので、ちょっとお店で買いづらいものがあります。

 読み終わった後、うまく言い表せないもやもやが残っていたのですが、他サイトの感想を探していたらこんなのを見つけました。
 
「人類は衰退しました」感想 - レジデント初期研修用資料
* ライフゲームを小説化したものなんだと思う
* 旧人類はセルの初期パターンに介入できるが、ルールを知らないから結果が予測できない
* 「妖精さん」は万能だが、その振る舞いは初期パターンに縛られる
* 「妖精さん」の集合は万能チューリングマシンであり、人類が「正しいコード」を入力してくれるのを待っている

 そうだ、ライフゲームだよ!。この単語でもやもやが解消されました。読み返すとちゃんと伏線が幾つも張ってあります。というわけで、本書はライフゲームについて知ってから読むとより楽しめます。ライフゲームについてはWikipediaの記事が参考になります。一番下の外部リンクからシミュレータのプログラムをダウンロードできるので、実際に遊んでみるとよくわかると思います。

 ただ一つ気になる点があって、この小説では一人称形式をとっているので、語り手が主人公になっています。それなのに、本書の比喩には主人公が知らないはずの表現がけっこう出てきます。一人称は感情移入しやすいのが長所なのに、ここでちょっと引いてしまった。
 
 とはいえ、そんな欠点を踏まえてもおもしろい作品でした。2巻も読んでみようと思う。


人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)
田中 ロミオ

小学館 2007-05-24
売り上げランキング : 184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by kozi at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。